ツイノベとかのまとめ

twitterで投稿したツイノベをまとめています(@hokuonohrk)

政虎

「ルード、お前腕落ちたか」「勝手に邸に上がり込んだのは悪口を言うためですか」「ルードの料理は絶品だよ、俺が保証する」コハクもフォークをくわえてきょとんとしている。「変わったのは料理じゃない」と言いながら、ダリウスはキッシュを口に運ぶ。「虎、君が毎日食べているのは誰のお手製だい?」


喧嘩して飛び出していった虎が、物の数時間でとぼとぼと帰ってきた。「……お昼は?」「腹カラッポのほうが夢詰め込めんだよ」意味が分からない。「……ルードの飯が美味くなかった」「え?」「今朝は悪かった。だから」『お前の飯が食いたい』。しゅんと垂れ下がったしっぽが見える気がした。


この娘はいつまでもヒャアだのヒィだの、色気というものがない。「もうちょっとイイ声出してみろよ」「や、ちょっとどこ触ってるの」「どこってここだよ」「ひゃ」戯れにその唇を塞ぎ、もう一度仕掛けてみる。「……ッ!」「なんだ、やればできるな」必死にこちらを睨む潤んだ瞳も、悪くない。


「腕すげぇ冷えてんな」と言いながら遠慮なく私の二の腕をつまむ。「俺があっためてやろうか?」「そ、そういうのいいから!」と身を縮こまらせると、虎は「じゃこれでも着てろ」と言い捨てて自分の上着をぞんざいに私の肩にかけた。少し体温が残っていて暖かい上着は、虎のにおいがする。


出歩くとき、何かと両手が塞がるようになった。物を買えばその袋を抱える。遠出ならそれに応じた荷物がある。食い物を二人分買うのも当たり前になって、何をしていても手が空かないのが煩わしくて仕方ない。「お前といると何にもできやしねぇ」「……なら、私の手を離せばいいんじゃない?」


「ほら虎、トラ」入園口からまっすぐに来てやったにもかかわらず、そのトラは逞しい四肢を持て余すようにして寝こけていた。「ヒーローらしくねぇな」「ヒーローっぽさは求めないでしょ…」絵本に出てくる動物じゃないんだから、と言って梓は笑う。その顔と仕草は絵本に出てくる猫に似ている。


随分前から喋り方がムニャムニャしていた梓の頭が、ついにこちらに落ちてきた。視界の端につむじが見える。「オレはお前の保護者か」そう独り言つも、身動きが取れなくなっているのも確かだった。薄っぺらい体が、寝息に合わせてゆったりと揺れるのを眺める。「ま、護ってはやるがな」


夜毎現れる暗い穴のふちに腰掛けて、その深さを測る。うっかり落ちるほど迂闊ではないし、好んで落ちるほど気が狂ってもいない。ただ穴のふちに腰掛けて、その深さを思う。「……腹が減ったな」腹を満たせば、あの穴は少し遠ざかる。こんな月の夜は、きっと厨房にあの間抜け面がいるはずだ。


がらくた時計は、やはり壊れているのかもしれない。陽が照っているあいだは何とも思わないが、月が昇って灯りを消すと針の進みが異様に遅くなる。カチコチ、カチコチ、と不格好な音を無意識に数え始めて、どれくらい経っただろう。「……オルゴール、ねぇ」こんな夜に、その音色があったなら。


もうこれ以上逃がしようがない。指も肩も腕も脚も背も腹も腰も頭も心も、何もかも限界だ。息も絶え絶えに助けを求めて名を呼ぶ。髪の毛に触れる大きな手は「撫でる」というよりは「掴む」のほうが近くて、粗暴でおおざっぱなのに、どこか優しい。「虎、もう、」「逃がさねぇようにしてんだよ」


逃げ道をひとつひとつ封じる。指で、腕で、脚で、言葉で封じて、もう逃げられないどん詰まりへ追い込む。やがて嬌声が切なげに名を呼ぶので、返事をしてやる。「なあ、梓」捕まえられたら、鬼役は交代。子猫はきっと、そんな決まりを知らずに虎を捕まえた。「逃がさねぇようにしてんだよ」


「ケガしたらちゃんと手当てしないとだめだよ。ばい菌が入ったら大変なんだから」などと一人で喋りながら、ぐるぐると包帯を巻いていく。大げさすぎて手首から先がほとんど動かせない。梓はいつでもオレよりオレのことに敏感だ。その大げさな心配の分だけ、幸福も大げさにしてやれたらいい。


「虎は私のどこが好きなの?」「…こういうときの布団の匂いはそそる」そう答えると、梓はキョトンとしてから数秒遅れで赤くなり、ばか!と言って肩口を叩いた。「そっちいくと枕から落ちんぞ」と理由をつけて、逃げる体を腕の中に取り戻す。しっとりとした首筋からは、湿った良い匂いがした。


なんだか知らないが、笑っているのがいいような気がする。よく分からないが、浮かない顔をしていたら小突いてやりたくなる。さっぱり見当がつかないが、いつまでも元気でのほほんと生きるのが誰よりもお似合いだと思う。「――政虎さん、それすっごいノロケだと思うよ」……よく分からないが。


「ねぇ、ちょっと、虎、」忙しない吐息についばまれて溺れる。歯という歯を掬われるような口づけに照れ隠しで文句をつけたら、今度は顔という顔が唇に支配された。「お前がゲヒンゲヒン文句いうからオジョウヒ~ンにチュッチュしてやってんだろうが」お上品なキスは、きっと息なんて乱れない。


「……丈、短くねえか?」「そう?」制服のスカートはみんなこれくらいだし、神子の服だって丈はこんなものだった。そう答えても、虎はなおもグルグルと唸っている。やけに神妙な顔で「ソレはアレだからオレといる時だけにしとけ」と言うけれど、アレとかソレとかばかりでよく分からなかった。


いい加減に腕の感覚がなくなってきた。左腕にがっしりとしがみついた梓がムニャムニャと動くたび、肩から指先にかけてぞわぞわ不快な電流が走る。乱れた髪をぞんざいに撫でると、なおのことムニャムニャしだす。「シビれてんなあ」痺れて感覚がおかしくなっている。身も心も、骨の髄まで。


パチャパチャと卵を溶く音に合わせてエプロンの紐が揺れる。そんな後ろ姿に、誰よりも手を出したくて、誰よりも手を出したくない。背中に向けられる視線に気づきもせず、梓はせっせと火の加減を確認している。そのたびにエプロンの紐が揺れる。『守りたい』。――オレからも、オレ以外からも。


渡されたネックレスは、華奢なチェーンの一粒石だった。「虎が選んだの?」「おう」よく見れば、留め具の先に小さな猫の飾りがついている。「…猫?」「おうよ」こんなアクセサリーを、こんな繊細なデザインを、彼が。呆気にとられる私に虎が文句を垂れ始めるまで、お礼の言葉さえ忘れていた。


「やるやらねぇの境地じゃねぇんだよ」「……あえて深くは聞かんが」腹が減っていないこと。寒い思いをしていないこと。のほほんと暮らせること。その延長線が、この腕の中まで辿り着いたと思えるときまでは。「本条ともあろうものがねぇ」気まぐれに砂糖を入れた珈琲は、必要以上に甘かった。(虎梓)

ダリウス

紫煙をくゆらせるダリウスというのも妙に絵になる。「ダリウスって吸うの?」「必要があれば嗜まれることもありますよ」部屋で見つけた年代物のパイプは上品な艶があって、なめらかなその形はどこか色っぽさも感じる。「……というか、何持っても色っぽいし」「おや、誰の話かな。妬けるね」


こうして抱きしめられてから何分経ったのだろう。「ダリウス、そろそろ離して」と言っても、腕は一向に緩まない。「ねえ、お願い」「いけないね、君は」前髪に口づけが落とされる。「……っ、もう、何が?」「こうやって抱きすくめてしまえば、いつでも梓の『お願い』が聞けるんだろう?」


ダリウスって着物は着ないの? そう虎に聞いたら、和装でウロつく西洋人なんて目立って仕方ねえだろ、と一蹴された。確かに普通にしていても人目を引くのだから、それもそうだ。「俺は和装の梓を見てみたいな。そうだね、例えば白無垢とか」「……いい加減よそでやってくんねぇか」


愛されたときに笑う人と愛されたときに泣く人がいる。そんなことを知ったのは帝都に来てからだ。好きだよ、と伝えるとダリウスはまず泣きそうな顔をしてから微笑む。手を取って、髪を撫でて、頬に触れて、体を寄せて、そうして水面を揺らし続けて、いつか愛されて笑うあなたを見たい。


人を泣き虫だといって笑うけれど、自分だって泣き虫じゃない。そんな文句を飲み込んで、夏の夜風をはらむ金の髪を梳く。涙の跡のような繊月が雲に隠れながら淡く光っている。ふと見上げたとき、初めて変化に気づくくらいの速度で構わない。満ちながら欠けながら、泣き虫の私達の未来を探す。


脚を滑り降りた指がブーツを脱がす。靴くらい自分で脱ぎたいのに、いつだって気づくとされるがまま。「ねえ、今日は汗をかいたから」「俺も同じだから気にならないよ」近づく体の熱はいつもより湿度が高くて、濃厚な香りに頭がくらくらする。碧い瞳に見つめられたら、私の全ては彼のもの。


お腹がぐるぐるして気持ちが悪い。「ごめん梓、電車なんて乗ったから、邸にいい薬がある、空間移動で」「ちょ、ちょっと」青い顔でまくしたてる彼の腕を引く。「落ち着いて」「でも」手を繋いで歩くのが、とても幸せだから。「電車に慣れてしまうくらい、これからたくさんデートがしたいの」


「ドレス、すごく綺麗だ!」「馬子にも衣装だな」「あ、照れ隠し?」「ウルセー」ギャラリーの声など聞こえていないかのように、ルードくんは手際よく髪を結ってくれる。感謝の言葉への返答は、誇らしげな「従者の務めです」という台詞。「――さあ、ダリウス様がお待ちですよ、『奥様』」


「おいで、梓」名を呼べば、彼女は返事もなくその腕の中へ吸い寄せられていく。「いい子だね、梓」翠玉を秘めた瞳の輝きは酷く冷たい。「梓、明日は新しい服を買ってくるよ」梓さんの感情を封じてから、およそひと月。「ねえ、梓?」ダリウス様、あなたが封じられたのは、きっとそれだけではなくて。


幼い頃はサーカスが無性に怖かった。見世物のように演出されたあの戦闘シーンは、そんな記憶を強く刺激した。「プレゼントはもちろん嬉しいんだけど」あなたがあなたの意志で、あなたの感情で、二人の間に何者も介在せずに、ただそばにいること。宝石よりも欲しいのは、宝石を贈るその手。


 手をつないで森を歩く。
 何度も何度も通った場所は木々の合間の小路となって、今はもう足の運びを考えずとも同じ場所へ辿り着けるようになった。
「滑るから気をつけて」と差し出された手を取る。グローブは薄手だけれど、その下の温もりを感じ取ることはできなかった。
「夏が来たら、また育てるの?」
 薄い雪化粧をまとう花壇には僅かにダリアの名残が見て取れる。色褪せた花弁が一枚、二枚。いつかダリウスが褒めたコラレット咲きは、確かこんな色合いだった。
「いや、ダリアはもういいかな」
 そう言い切って、ダリウスは少し緩み始めていた私のマフラーを巻き直した。首の後ろに回った腕がそのまま背に降りて、やわく引き寄せられる。
「君がいれば、それでいいよ」
 手首の鎖が揺れて涼しい音を立てた。コートに遮られて、私を抱きしめる温もりを感じ取ることはできない。


選ばれることには慣れているはずだった。そこには必ず根拠があったし、それを疑う理由もなかった。細い腕が、どこか恐る恐る俺を引き寄せて抱く。少し手を動かせば容易に捻り潰されるような、この小さな少女に選ばれること。その理由が、力でも立場でもなく、ただ俺が俺であるということ。


音が響くから嫌だ。そう伝えてもまるで聞いてはくれず、私は今夜も腕の中。耳をすますと、窓の向こうから微かな風の音が聞こえる。「梓、何を聞いているの?」甘い声が耳と背中と浴室中を震わせる。逃げるように探した風の音は、速すぎる鼓動と身体を淡くなぞるように響く声にかき消された。


最近、洋服やアクセサリーの贈り物が減った。かわりに増えたのは、「二人で食べたいと思ったんだ」と言うお菓子やお茶やお酒のおみやげ。食べながら私の反応を伺うダリウスは、とても嬉しそうに笑う。「繋ぎ止める」をやめた贈り物はドレスより宝石よりずっと鮮やかで、心に美しく咲く。


「…冷たい」「え?」「指輪が」温かい指のあいだに混ざる、硬くてひやりとしたもの。ダリウスは自分の指輪を頬に当てて、本当だ、と笑った。髪をかき分けるようにして、大きな手が私を包む。「温まるまでこうしていようか」梓はどこに触れても温かいから。そう嘯く吐息だって熱いのに。


梓はふと手を止めると、蜘蛛の巣って綺麗だね、と呟いた。浮かび上がる幾何学模様の中心に、標本と化した蝶。「可哀想と思うべきなのかもしれないけど」と前置きして続ける。「なんだか美しすぎて、運命を受け入れているようにも見えて」囚われた蝶に、蜘蛛の巣を壊すことなどできはしない。


珍しく赤ら顔のダリウスは、外套を脱ぐとソファに身を投げ出した。ちゃんと部屋で休んで、と言い掛けたところに腕が伸びてきて、そのまま体と唇が捕まる。「……お酒のにおい」いつもより熱い吐息。「ふふ。……君は珈琲を飲んでいたの?」眠気覚ましの味なんて、もうかき消されてしまった。


人の個性を包み込む寛容さがあるのに、妙なところで視野が狭い。ダリウスのおかしな勘ぐりは、いつも突然だ。「――だからね、あの服に意味なんてないってば」力いっぱいに私を抱きしめる背中をなでると、腕の力が少し弱まる。人の心を無理に飲み込むこの人が、もっと自由になれますように。


梓、と呼びかけようとしたところで目が覚める。昨日は腕をつかもうとしたところで朝がきた。その前は泣き顔ばかりで笑顔が思い出せない夢を見た。身を起こすと、いつか梓に羽織らせたストールが目に入る。――たった一分でいい。その声を、顔を、体温を。「……一分なんて、長すぎるな」


よく言えば素朴で、あるいは垢抜けない。気を回すくせに、大事な場面で遠慮を知らない。その無遠慮な瞳が、水底に隠したはずのものを躊躇なく暴いていく。輝く水面を潜り抜け、美しくないものにまで素手で触れる。醜さを掻き抱く腕はどこまでも華奢で、その温もりが痛かった。


私の生まれが帝都にはならないのと同じく、この人の過去だって変えられない。抱きしめてキスをする。その所作がいやに板について見える。「君が嫌だというなら、他の女性とは一切口を利かないけれど」「そ、そういうんじゃなくて」塗り替えられない思い出が、きっと色褪せていきますように。


白み始めた空に、名も知らない鳥が鳴いている。穴蔵の中はじっとり濡れていて、真夏だというのに酷く涼しく感じられた。風に乗って、遠くから名を呼ぶ声が聞こえる。ダリウス。ダリウス。どこなの。空っぽの腹から叫んだつもりの「ここだよ」、という声は、湿った土に吸い込まれて消えた。

ヒノエ

メール、というのは便利なようで厄介だ。火急の用を一方的に伝えるにはいいが、相互のやりとりが生じるまでに時間を要する。「全く、俺はいつからこんなに気の短い男になったんだろうね」お前が遠い。ここは遙か離れたあの世界よりも何もかもが速くて近いのに、お前だけがずっと遠いんだ。


「平日は忙しいって言ってるのに」「それは俺への非難かい?」 下校の道すがら返信を打っていたら、どこで待ち伏せしていたのか、メールの送り主が目の前に現れた。 「それとも言い訳かな」 すぐに返事ができなかった日はいつもこう。ヒノエくんは私の腰に両腕を回す。「おかえり、姫君」


浴室から出ると「今タクシー呼んだよ」と声をかけられた。十月の秋雨は体を芯から冷やす。着替えた方がいい、と言ってこんな深夜に部屋に連れ込まれ、覚悟を決めた矢先の台詞だった。「姫君を無事に鳥籠に戻すまでが逢い引きというものさ」。そう言って差し出されたココアは少し苦かった。


「望美の髪飾り、とても素敵だわ。悔しいけれど見る目があるのね」「そりゃあどうも」この女たらしの贈り物だという花の飾りは、望美の雰囲気によく似合っていた。「でもね、残念ながら見る目はそれほどでもない」と言って、ヒノエ殿は複雑そうに笑った。「あの髪を結ったのは譲だからね」


彼のことだからすぐに気付くだろうと踏んではいたけれど、こんなにまじまじ鑑賞されるとは思わなかった。疎かだった保湿を後悔し始めたところで、長い指が掌を包む。「計画変更。その爪に似合う店に行こう」そう言って自然に手を引く姿に似合う私でありたくて、私はきっと背伸びをし続ける。

逆鱗(遙か3/望美)

 何かを思案するとき、つい胸元に下げた逆鱗を触る癖がついた。
 触れたからどうこうということはないが、ただ自分が白龍の逆鱗を所持していること、それによって時空の遡りが可能であること、またそれによって運命を任意に書き換えられること、それらを改めて思い出すためのように、逆鱗に触れる。
 「奇跡」なんていう言葉があるから、奇跡は奇跡になってしまうのだ。この世のすべては運命の上に整然と並ぶ。次に起こった出来事が想定の範囲内か否か、それは喜ばしい展開か否か。
 奇跡と必然の違いは、たったそれだけのことなのだと思う。

「先輩、こんなところにいたんですか。朔が探していましたよ」
「あ、ごめん、今いくから」
 慌てて逆鱗を胸元に隠し、スカートの皺を伸ばす。
 昼餉の後、一休みしたら朔と会う約束だったのだ。
 いや、正確に言えば、「約束をしたはずだった」と思うのだ。
 逆鱗を使った直後は、いつも不審を抱かれないようにして時と場所と状況を掴むのに苦労する。
 どこにどんな枝分かれがあるものか分かったものではないから、あまり突飛な行動はできない。せっかく掴んでいる運命の流れを無駄にしないためには、本筋からかけ離れた行動は避けるのがベターだ。
 何月何日何時何分と、目の前に表示があればどれほど気が楽だろうと思う。

 地べたにしゃがみこんだせいで、スカートの裾に少し土汚れがついてしまった。制服だからもともとしょっちゅう洗うようなものでもなかったが、こうしたちょっとしたことが積み重なり、汚れてきた印象は否めない。
 ――しかしそれでも、「ここ」にくる前よりもずっと綺麗なのだけれど。
 伸びたはずの前髪は短くなっている。限界まですり減っていた靴底は元に戻っている。あの時の染みはなくなっている。あの人から受けた傷は消えている。あの人の血を受けた指は酷く乾いている。
 昏く冷たいあの狭間をいくつも駆け抜けて、私の中身だけが同じ形を保とうともがいている。
 元の形なんて、もう分かりもしないくせに。

 ねえ先生、時空を一日遡ったら、遡った先の私は昨日の私ですか。明日の私なんでしょうか。
 それが一月ならどうですか。三月ならどうですか。一年なら違いますか。もっともっと遡るべきですか。あなたは遡ったのですか。
 あなたはいつの「今日」にいるんですか。
 私はいつの「今日」に来たんですか。
 私たちの「今日」は、一体どこにあるんですか。
 拒んでも拒んでも消える背を追いかける私は道化に見えますか。その道化は笑って見えますか。泣いて見えますか。
 ねえ、先生。

 黒い手袋が「もういらない」と運命の上に捨てていったものを、いくつもの「今日」で拾い集める。
 以前拾ったものは拾い忘れないように。新たに拾えそうなものを見過ごさないように。変わったものと変わらないものを見分けられるように。目指す運命の形を見失わないように。

 何かを思案するとき、つい胸元に下げた逆鱗を触る癖がついた。
 白龍の逆鱗を所持していること。時空の遡りが可能であること。運命を任意に書き換えられること。私とあなたを絶対的に結ぶもの。
 奇跡か必然かなんて、考えている暇はない。
 時空は無限に拡大し、時間も無限に生まれるのだから。

大和

「…何してんの」「わっ」玄関を回り込んで庭を覗くと、五月が土まみれになっていた。「ピンポンしても無反応だし」ごめんごめん、と言って立ち上がった足下には、スコップやら苗やらが散らばっている。「勉強の気分転換に雑草でも抜こうかと…」この家の庭はいつも綺麗だ。コイツのおかげで。


「今日って七夕?」「もう暦も忘れちゃったんでしょ」帰ってきたと思えばまたすぐ旅に出てしまう。トータルで会えている時間なんて、伝説の彼らといい勝負かもしれない。大人びた表情が悔しくてなじると、「会いたくて手抜きそうになることあるから彦星よりダメかも」なんてぼやきが聞こえた。


朝から暑苦しい子犬を適当にパスしたところ、そのまま代わりを買って出た七緒と武蔵の手合わせが始まった。――和犬と洋犬。「………何をどうやったらあんな風に育つんだか」「うん?」「アイツんちの教育方針、謎」「それって俺たちの家のこと? それともこっちの時空のこと?」「どっちも」


「これ好きでしょ?」と言いながら、七緒は自分チョコ用としても買ったらしいオランジェットを食べ出した。スナック菓子以外ほとんど買ってないし、そんな話した覚えも全然ない。「昔おやつに出したとき、「すっごくおいしい!」って顔して食べてたから」……そんな顔、した覚えは全然ない。


令和2年度 佐々木大和誕生祝の会
1、開会の辞(天野五月)
1、主賓挨拶(佐々木大和)
1、天の朱雀祝辞
1、阿国ちゃんの舞披露
1、乾杯(ふわラテ)
1、ポテトチップス開封
1、歓談
1、閉会の辞(天野七緒)
「……七緒、これ何?」「式次第!」そういうことを聞いてるんじゃなくて。

五月

コントローラーの埃を払い、何をするともなくカーソルを動かす。「NAO」――直近のセーブデータのプレイヤーネーム。その次は「YMT」。記録や記憶は日に日に曖昧になり、今では俺と両親以外に彼らを知るものはいない。確かに存在した証が消えないよう、2つのセーブデータにロックをかけた。

瑞希

「寝てたね」そう指摘され、私はうなだれた。どうしてこんな日に限って、頭痛が治まらないのだろう。「薬まで飲んで隠したいみたいだったから、黙ってたけど」謝ろうとしたところで、瑞希くんはこう続ける。「でも映画と、うとうと顔と、寝顔と、寝ぼけ顔、全部で2000円はお得だった」